慌てないで!葬儀参列の心得

今「家族葬」を選ぶ人が増えています。この家族葬は残された親族の精神的また金銭的な負担を減らすことができる新しいスタイルの葬儀でしょう。
記事を検索

今話題の家族葬とはどんなものか

時代とともに葬儀の形も変化し続けています。
皆さんは自分の葬儀に関して何かアイディアをお持ちですか。
確かに今の段階で死んだときのことを考えるのはなんとなく気が乗らないかもしれません。
でもこれは今本当に大事なことなんです。
最近では自分のライフプランの一部として生きている時に葬儀の詳細を決めて、家族とそれを共有している人たちが増えているとききます。
特にそうした人たちに人気があるのが「密葬」とか「家族葬」と言われるスタイルです。
今回はこうしたスタイルの葬儀に関して一緒に考えてみましょう。
家族葬に実際誰が集まるかは厳密に決まっていません。
一緒に住んでいる家族だけが葬式を行う場合もありますし、親族や親しい友人も含めて家族というくくりで考える場合もあります。
まずは、だれに参列してもらいたいのか、そしてだれがその喪主となるのかなど基本的なことを決めましょう。
この家族葬は一般の葬儀と比べてその流れは殆ど同じです。
つまり臨終、安置、納棺から通夜、告別式(葬儀)、火葬や埋葬までしっかり行うことになります。
これは故人を送りだすために必要なことですのであまりこうした流れを省略することはありません。
しかし、参列者が少ないことで家族の精神的また身体的負担がかなり緩和され、本人たちも故人との思い出に浸って心地よい葬儀になるはずです。
一般的な葬儀では親族は参列者の対応や、通夜での飲食物の提供などでかなりめまぐるしく働いているため気づいたらすべてが終わっていたなんてこともありえます。
皆さんの家族がどんな式を望んでいるのかも参考にぜひ考えてみましょう。
また家族葬のメリットは費用を大幅に減らすことができるという点です。
参列者が少なければ葬儀会場も小さくなり、料理や返礼品などの量が減りますから葬儀費用はトータルで随分と安くなるのです。
しかし、こうした家族葬を行う際には注意すべき点もあります。
それは葬儀に呼ばれない親族や友人の気持ちです。
きっとあなたにとってかけがえのない大切な人たちであることに間違いはなく、彼らもあなたに対して似た感情を持っていることでしょう。
そうした人たちの矢面にたって家族がつらい思いをしないためにもしっかりと準備してお礼状などを準備しておくという方法もあります。
色々な可能性を常に考えて今から準備を始めましょう。
最近では葬儀のプロセス自体を省略したり、自分なりにアレンジする人も増えています。
Copyright (C)2017慌てないで!葬儀参列の心得.All rights reserved.