慌てないで!葬儀参列の心得

皆さんは葬送の意味をきちんと理解していますか。またその後の散骨などに関しても事前に色んな情報を集めておくことが賢明ですか。
記事を検索

葬送から散骨までを考えてみる

葬儀に参加するというのは何度経験してもなかなか印象的なものです。
特に近しい家族にとってはこの葬儀をできるだけスムーズに行い、故人のために最後の恩返しをしたいと思う方も非常に多いようです。
こうした葬儀に関するキーワードでよく耳にするものに「葬送」というものがあります。
皆さんはこれがどんな意味かご存知ですか。
なかなか私たちも頻繁に行うイベントではないのでこの事に関しても振り返ってみましょう。
まずこの葬送の語源としては死者を墓へ送り届けることのようです。
ただし現代の一般的な仏式の葬儀では一般的な葬儀を終え、自宅または葬儀会場から火葬場へ送ることを指します。
「出棺」とか「野辺送り」ともいえばもっとはっきりイメージできるかもしれません。
この瞬間は心の整理をつけたと確信していた家族にとってもやはり感極まる瞬間です。
では葬送したあとはどんな埋葬方法が良いのでしょうか。
最近のトレンドなども含めて考えてみましょう。
多くの人に意外にも人気なのが「散骨」なのだそうです。
これは読んで字のごとく、所定のお墓ではなく海や川といった自然に骨を流すことをいいます。
中には「そもそも自然の中に散骨してもいいのか」と疑問に思われる方もおられるでしょう。
しかし、今の日本の法律では事実上これが認められています。
なぜなら1991年に「葬送のための祭祀として節度をもって行われるかぎり遺骨遺棄罪には該当しない」と当時の厚生省および法務省が声明を発表しているからです。
重要なのはこの「節度をもって」という部分です。
よく葬儀会社とも相談して時や場所を決める必要があります。
基本的に散骨するにはまず遺骨を粉末状にします。
そして海などの場合は人がほとんどいない沖合で、川や海でも人目に付く場所は避けるのが一般的です。
この時に花などを一緒に流すケースもよくテレビなどで見たことがあるかもしれません。
でも一番大事なのは自然に配慮することです。
包装紙などをしっかり取って骨と一緒に流すようにしてください。
最近では沢山の人が「亡くなったら自然にかえりたい」とか「家のお墓がない」といった理由で散骨を希望しています。
ぜひこうした本人の意向を大事にするためにも、事前に色々と準備するようにしましょう。
もし懸念点や疑問点がある場合には葬儀会社や地元の行政に聞いてみるのもよい方法です。
そのようにして葬送から散骨や埋葬までが順調に行われるように組織しましょう。
Copyright (C)2017慌てないで!葬儀参列の心得.All rights reserved.